以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

●相続サービスの流れ ●事務所紹介 ●スタッフ紹介 ●料金表 ●アクセス
●無料相談会について ●必要書類収集と作成 ●お客様の声
●セミナー情報

初企画の「出張相談会inフジグラン川之江店」無事終了致しました

先日、3月12日(土)と13日(日)に
フジグラン川之江店で法律相談会を開催しました。

当日はたくさんの方々にご参加いただき、
大盛況で終えることができました。
IMGP0179.JPG
IMGP0032.JPG 写真上は相談会場の受付にて、スタッフの集合写真です。
写真左は、当事務所、所長の進藤裕介の相談風景です。たくさんのお悩みを持たれた方々が相談後晴れやかな表情をして帰られる姿ほど嬉しいものはありません。
(写真でお見せすることができないことが残念です。)

いただいたご相談は多岐にわたります。
相続にお悩みの方は、下記の相談内容をご参考にしていただき、
こんなことも相談可能なんだと思っていただけるかと思います。

 

ケース1 60代男性

父母名義の相続財産があり、兄弟の内、4男が行方不明だったので、失踪宣告をしている。
祖母名義の建物があり。父親が受取人の生命保険ありという内容。何をどんな風にしたらよいかという相談。 
 

ケース2 60代女性

自分名義の土地建物に1人暮らし。相続人以外に財産を遺贈したいんだけどどうしたらよいか。

ケース3 20代男性

自分名義の建物の底地が、祖父名義なので、自分名義にしたい。(本人は、代襲相続人)ほかの相続人と連絡とれないことはない。費用がどのくらいかかるのか知りたい。

ケース4 30代女性

亡くなった夫との間に4月に出産する子供の他に前妻との間の2人の子供が相続人。遺産分割協議をすすめたいと思っている。どうすればよいか?
預貯金数万円。自動車1台。弔慰金の振込あり。

ケース5 60代女性

父母すでに死亡。兄弟4人の内、次男死亡。次男名義の建物に本人居住中。10年以上前の父親の遺産分割時、兄が底地を相続している。    自分名義にしたいが、相続分について、争い中。どうにかならないか?


ケース6 50代男性

7,8年前に亡くなった父親名義の不動産と1つの生命保険の名義変更が残っているので、この際手続きをお願いしたい



soudan.PNG


手続も名義変更も安心納得! 愛媛・四国中央相続遺言相談センター

お悩みのご相談は0800-200-7374までご連絡ください。

●相続サービスの流れ ●事務所紹介 ●スタッフ紹介 ●料金表 ●アクセス
●相談する3つのメリット ●必要書類収集と作成の大変さ ●お客様の声